流山における葬儀と式場

家族が亡くなったなどの理由で千葉県流山市で葬儀を営む必要が生じた場合に、まず決めなければならないこととして、喪主を誰にするのかや、葬儀の式場と日時をいつにするのかが挙げられます。

これがなければ葬儀社に依頼をすることもできませんし、遠くに住んでいる親戚や会社などの関係者にも参列を呼びかけることができません。

流山で葬儀の最新情報が知りたい方にはこちらです。

実際に流山市内で葬儀の式場として適当な場所があるのかどうかですが、最近には民間の葬祭ホールが使われることが一般的となっています。
葬祭ホールは鉄道の駅や幹線道路の付近に立地しているため、外部からの弔問客にとってもアクセスがしやすく、しかも内部は機能的なつくりになっているのが特徴です。



祭壇や花輪などはもちろん用意されていますし、僧侶控室や遺族控室、式場のホールとエントランス、通夜振る舞いをするための食堂、通夜の際に宿泊ができる仮眠室などの部屋もあります。


かつては流山市内でも自宅で葬儀を営むことがありましたが、最近の住宅事情を考えると、相当の大きな住宅でなければ式場や参列者のための駐車場の確保なども容易ではなく、あまり現実的とはいえません。
そのほかに公営斎場を式場に利用する方法もないわけではありませんが、流山市では周辺自治体と共同で火葬場を運営している都合上、併設の公営斎場も市外に設置されています。



そのため利用は可能としても流山市外に移動しなければならず、この点は事前に考慮しておく必要があります。