流山で葬儀をする場合の焼香について - 流山の葬儀と火葬について

流山で葬儀をする場合の焼香について

千葉県流山市で葬儀をする場合ですが、特に当人が生前にキリスト教などの別の信仰を有していたのでなければ、仏教の形式がとられるのが普通です。
どこか特定の寺院の檀家であればその寺院から僧侶を呼び、宗派の作法にしたがうことになりますが、そうでない場合も多くあります。

流山で葬儀の情報探しをお手伝い致します。

流山市は新興住宅街なども多く、もともと市内に先祖の代から住んでいた人よりも、最近では他所から移住してきた人のほうが目立つようになりました。

この場合は菩提寺なども当然ありませんので、先祖と同じ宗派の寺院を流山市内かその周辺で探して、葬儀の際に僧侶を派遣してもらいます。
多くは喪主などの個人で依頼をするというよりも、むしろ地元の事情に精通した葬儀社のスタッフを通じて依頼をすることになります。



葬儀の当日、つまりは通夜と告別式の場においては、僧侶の読経の最中に焼香が行われます。

最初は僧侶から、次に喪主、さらに亡くなった人に血縁の近い家族や親族から焼香を行うのが、各宗派に共通する暗黙の了解事項です。

その後に続いて式場の前列から司会の誘導にしたがって焼香を行います。

告別式の場合は特に議員や会社社長などの肩書をもつ人を指名して、参列者の代表として先に焼香をしてもらうことがあり、これを指名焼香と呼びます。

流山市での焼香の作法ですが、回数は宗派によって3回、1回などの違いがあったり、額のあたりで押し頂くかどうかも違いますので、一概にいえない部分があります。