トイレ詰まりを修理するのに必要な道具とは

住居内で家族全員が共同使用しているトイレは、使用頻度が高いことから不具合が起こりやすい箇所になっています。どのご家庭でも、1度はトイレ詰まりを経験されたことがあることでしょう。排水が逆流してきて室内まで水浸しになると、どう対応していいのかわからずパニックになってしまうものです。修理会社に連絡をしても、すぐに来てもらうことは困難なのでご自身で応急処置ができると非常に心強いものです。

トイレ詰まりを修理するのは比較的簡単で、「ラバーカップ」と呼ばれる道具を用います。このラバーカップはホームセンターやスーパー等で1本980円程度で販売されており、手に入れやすいのが特徴です。専門修理会社でもトイレ詰まりを直すには必ず用いている道具で、便器の排水が流れる部分に押し当てて空気を圧縮することで排水管内の異物を押し出します。この方法だと便器や排水管を傷める心配がないので、以前からもっとも一般的なトイレ詰まりの解決法としておこなわれています。

中にはラバーカップでは対処できない不具合もありますが、その際は水圧を高めた水を排水管に流し込む「高圧洗浄」という方法が使われます。この場合は家庭では対処できないので必ず専門会社に依頼することになり、修理費用が約2万円とおたかくなるのが特徴です。まず最初にご自身でラバーカップを使って詰まり解消をしたのち、それでも解決できない場合は専門会社に連絡をするようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*