ワリバシを使ってトイレのつまりを修理する

ワリバシを利用して、トイレのつまりを修理するという方法があります。利用するのは、ワリバシとゴミ袋位になるので、トイレのつまりを修理する際の経済的な負担がほとんどないのがメリット。スッポンやワイヤーブラシなどが無いご自宅の人に試して欲しい修理方法です。サイフォン式トイレの場合、便器内の排水路が長くなっているため、ワリバシが異物に届かないという場合もあります。

洗い落とし式トイレだと、有効な場合が多くなると言われているので、ワリバシによるトイレのつまり修理はおすすめ。基本的に水に溶けやすい異物が原因のつまりを解消したい場合に有効な方法です。水に溶けない異物の場合は下手をすると奥に行ってしまう恐れがありますので、注意しましょう。作業をする際に水が流れてしまうと、水漏れが起きてしまったり異物がさらに奥に行ってしまったりする可能性があるので、止水栓を閉めてから作業する必要があります。

ワリバシもある程度固さがあり、作業中に便器を、傷を付けてしまうこともあるでしょうから力を過度に入れすぎには注意しましょう。力を入れてしまうと、ワリバシが折れてしまうことも。便器内に手を入れるので、汚れてしまうので不要な衣服を着用して修理作業を行うのがいいでしょう。肩口まで覆うことができる45L用のゴミ袋を2重にして手に被せると、汚水が直接肌に触れることを防ぎやすくなるのでおすすめです。

異物が水に溶けやすいものであれば、つまり個所に対してワリバシを当てて、かき回すようにしてつまりを解消。水に溶けることがない異物の場合は割りばしを使い回収するような使い方にします。町田でトイレリフォームのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*