トイレ修理は自分で確認できる範囲があります

トイレのトラブルで多い事例は、水漏れの現象と詰まりの問題です。水漏れの殆どは便器の中にいつまでも少量の水が流れてしまう現象です。その他では給水管とタンク側の配管の継ぎ目部分、温水洗浄機便座をお使いの場合も、給水管の継ぎ目部分が主に該当しています。トイレの水漏れの現象は、原因を突き止めることが素人には難しいとされていますが、修理料金を節約したいと考えている方は自分で確認をしてみる方法はあります。

手順は意外と簡単で水栓タンクの蓋を外すことから始めます。蓋は機種により違いがあり、持ち上げるだけで簡単に外せるものと、持ち上げた際に少しの隙間が開いて、手洗い用の蛇口の下側の接合パーツを反時計回りに回して外すことで蓋を開けられるタイプに分けられます。蓋を開けることができた際には、水を流すレバーに取り付けられているボールチェーンを確認する方法、底面に設置されているラバーカップを点検する方法、水面上にある浮き球の状態を確認する方法が最も基礎的な確認内容です。適切な長さのボールチェーンであり、ラバーに劣化や異物の挟まりが無い場合、浮き球が他のパーツと干渉していない状態を確認できたら、殆どのケースでボールタップの問題です。

ボールタップとは、給水管から最も近い位置で接合されている機械仕立てのパーツなので直ぐに判断できます。修理方法は水位調整ネジが付けられているので、ネジ部分に取り付けられているガードタイプのネジを上に持ち上げ、反時計回りに動かすと給水タンク内の水位を下げることができ、トイレの水漏れを修理できる可能性があります。もしも、ボールタップの調整で水位を下げることができなかったり、動かしても水漏れが止まらないという事例では、ボールタップ自体が交換のタイミングに来ていると判断できます。これ以上の作業は素人では難しいので、確認後に修理専門店に状況を説明した上で直してもらうことが必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*