トイレの修理項目には便座の問題も起きやすい内容です

国内では、多くの住宅のトイレで温水洗浄機付き便座を利用していることが目立ちます。普及が始まってから20年以上が経過している現在では、進化を続けているトイレ用機器でもあり、古くなった住宅から新築の住宅でも利用者は増加しています。温水洗浄機付き便座の場合は、経年劣化は起きてしまい、一般的な家電製品と比べても大きな違いはありません。耐水性に優れている面では優秀な家電製品でもありますが、常に通電していることが基礎にあるので年数が経過すると修理が必要になるケースは増えてしまいます。

購入から3年程度など短い期間で壊れてしまった際には、メーカーや修理専門店に依頼をしてみて、直すことは不可能ではありません。購入したメーカーによっては特別に長期保証を付けている場合も多いので、メーカー以外に依頼する際には事前確認は必要です。5年以上が経過していて、既に旧型となった温水線所機付き便座をお使いの場合は、水が出なくなったり電源が切れてしまう事例、ボタンを操作しても正常に動かなくなった際には、トイレ修理としては買い替えを行うことにメリットがあります。旧型の場合は既にメーカーでも修理対応外としていることも多く、修理会社でも対応不可の可能性は高まります。

直せたとしても今後の見立てをしてみると、買い替えた方がコスト的にお得という場合もあり、決して高額な商品ではないので無理に直す必要性はありません。ホームセンターでも手軽に購入できる機器なので、交換作業は自力で行うことも不可能ではありません。工具の使い方や外し方、取り付け方に不安を感じてしまうような方は、商品の購入と同時に取り付けサービスを行うお店や会社に任せることが必要です。一体型便器以外では意外と簡単に交換できますが、自信のない方はプロに任せた方が確実です。

藤沢でトイレリフォームのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*