会計と法律の関係について

日本においては、公正なる会計慣行が規範とされています。そしてこの慣行制度は、様々な法律が利用する事によって形成されています。関係する主な法律としては、会社法、税法、金融商品取引法などがあります。例えば会社法においては、次のような時に会計を利用しています。

株主および債権者保護を目的として、配当可能利益の算定を行う時などです。金融商品取引法では、投資家保護を目的として、投資判断に必要な財務状態や経営成績を開示する時に利用しています。またこの法律においては、有価証券報告書及び、有価証券届出書の内閣総理大臣への提出を義務付けており、その部分においても必須の処理となります。税法においては、課税所得の算定においてなくてはならない存在です。

特に会社などに適用される法人税法においては、法人の課税所得の算定の仕方が別途定められています。計算手続きにおいては、まず会社法による手続きを行った計算書類によって確定した決算をもとに、税法特有の調整を行って算定をします。この手続きにおいても会計はなくてはならない存在となっています。また学校法人や独立行政法人など、各々の目的を達成する為に独自の規定を設けて、会計を利用しています。

このように見てみますと、法律にとってもかけがえのない重要な関係であることが認識できます。また法律上の観点から見ると、企業、法人、公など少しづつ異なる顔を持つ会計が存在するという点も、非常に興味深いものがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です