福岡で排水口つまりを修理する際の主な方法

住居はもちろんのこと会社や公共施設などで使用した水は、必ず下水道を通って処理されます。

この汚水を流すための排水口はシンクや便器に備わっており、水のみを流す目的で設置されているものです。ところがシンクであれば野菜の切りくずや油といった異物が流れ込んだり、便器であればペット用のトイレ砂などを流すこともあります。この時排水管内に異物が蓄積されてしまうと、「排水口つまり」という現象が起こる可能性が高まります。排水口つまりは比較的一般家庭で起こりやすく、その都度修理をすれば大きな問題にはなりません。九州の中核都市・福岡で排水口つまりを起こした場合は、自身で修理をするか専門会社に依頼をするの2つの方法があります。福岡の場合、専門修理会社やホームセンターといったサービス会社が市内だけでなく郊外にも点在しており、どの方法でも排水口つまりを解決しやすい土地柄です。

自身で対応する場合は、ホームセンターで「ワイヤーブラシ」という道具を購入しましょう。この道具は排水管内に詰まってしまった異物を外側からアプローチして取り除くものです。1本1、000円前後で購入できます。専門会社に依頼をする場合は、下水道工事をおこなっている会社に依頼をします。福岡には2020年5月時点で計140社もの下水道工事会社があり、一般家庭からのトラブルにも対応なされています。この場合、工賃・出張費などを含めた修理料金が掛かるので、自身で対応するよりも若干費用は掛かりますが、迅速かつ的確な修理をしてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *