水のトラブルは定期的な点検作業も欠かせません

住宅内で起きてしまう水のトラブルは、ある意味では完全に防ぐことは困難と判断できますが、それ故に定期的な点検を行うことは非常に大切です。

未然に水のトラブルを防ぐことができたり、被害を最小限にできたり、住宅を保護することができるので定期点検を実施することは有益な行動です。点検したい内容は、難しいことではなく、水廻りのスペースの掃除をしていると自然と判断できる場合もあります。例えば床面に不自然な水滴が落ちていたり、毎日のように同じ場所が濡れているようであれば、その真上などを点検するとトラブルが起きている可能性があります。配管の継ぎ目やトイレの場合は給水管やタンクのパーツ、便座などが該当します。他の場所では蛇口を点検すると分かりやすいのですが、使用していない時間が長いのに常に蛇口が濡れている場合は問題が既に起きていると判断できます。

洗面台やキッチンでは下側にある収納部分を点検することも欠かせません。この場所が濡れている場合は、配管に穴が開いている可能性があるので早期に修理することが求められます。屋外に設置されているメーターも定期的に点検する方法があります。住宅内で蛇口を全て閉めた状態で確認をしてみて、少しでもメーターが動いていると問題はあります。漏れている場所が特定できない場合は、壁や天井の上、床下等の配管から漏れが生じている可能性が非常に高いので、消費していないのにメーターが動いている状態は住宅を守る上でも見過ごせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *