管のひび割れや穴が開くと水トラブルが起きることも

排管などから漏れが起きる場合、管へ穴やひび割れが起きていることもあり主な原因は経年劣化や冬場の凍結などです。

冬だと気温が低い地域では凍結が起きやすく、破裂してしまい使えなくなるので凍結を防ぐには流れを止まらなくすることが必要です。勿体ないと思っても、大変気温が低くて凍結の恐れがあるなら出しっぱなしにしたりと対策を取っておいた方がいいです。水トラブルは場合によっては自分では難しいこともあり、対策をしても直らないときは修理をする専門業者に相談したほうがいいです。現地調査や見積もりなどは無料で行ってくれ、緊急でも24時間365日対応してくれるところもあります。お風呂場やキッチンなどは、換気や乾燥してないことも多いので床が濡れていることも珍しくないですが、そのために水トラブルが起きていても気が付かないことがあります。

実は毎日使う場所にこそ漏れなどが起きやすく、気が付かない間に漏れが起きていないか普段から確認しておくと大きな事故になることも未然に防げます。トイレも色々な部分から水トラブルが起きやすく、漏れだと便器・パイプ・タンク内・パイプと床の接合部分・手洗い管です。原因も一つではなく、使っている間にに部品が緩んで漏れが起きたり、タンク内で接続不良やねじなどの部品劣化、目では確認出来ないところにある配管が壊れていたりします。

キッチンだとシンク・排管・蛇口などが多く、特に床下とシンクからの漏れです。確認するまで気が付かないことも珍しくなく、気が付くとたくさんの量が漏れだしてきて大変なことになることも珍しくありません。床への漏れだとシンクの傷や繋がっている排管からで、管へ異物が詰まって漏れが起きたりしますがこの時はそれを除去すれば解決できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *