トイレのつまりによる漏れが起きる前兆について

トイレのつまりによる漏れは、水トラブルの中でも多くの意味で痛手となります。

予防策としては、トイレットペーパーを筆頭とした水溶性の紙以外の物を流さない事が最重要であり、介護用品や生理用品や通常の紙等やペットの砂等は厳禁です。トイレは大きい物も流れて行く様な印象がありますがこれらは実際は相当な耐水性を持っており、運良く流れてくれる事も無いではありませんが、引っかかった場合は水の流れを堰き止めて、ハッキリしたつまりを作ります。状況が悪化すれば一気に漏れにも繋がりますので、まずはこの点に注意して下さい。後は、トイレがつまり漏れる場合には、前兆現象がある場合が多いです。例えば水を流した後に水位が高くなっているけれど、10分程したら急速に元に戻る様なケースは水が堰き止められていて、その間から水が流れていく為に発生している事が原因である事が考えられます。

この場合は、原因となっている物が便や紙詰まりの類であるならば、ラバーカップを駆使すれば、引っこ抜ける可能性があります。カップ1/4の重曹とお酢かクエン酸をカップ1/2、そして最後に45℃程度のお湯を順番に入れて1時間待つという方法で排除を試みる方法もありますが、この時にはお湯を熱湯にすると、便器が破損しますので、その点だけは特に注意して下さい。1時間後にバケツで水を流してスムーズであるならば、解消成功です。これ以外の前兆現象としては、溢れそうになる程では無いけど水の流れが遅いという場合も、つまりの前兆と見なせます。ちなみに節水の為という事でトイレのタンク内にペットボトルを置いたりする等、通常想定されているのと違う使い方をしていた結果として、つまりが起きる様な事もあるので、もしも心当たりがある場合は早い段階で止めた方が無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *