トイレの漏れとつまり予防の為には?

トイレのつまりが原因で漏れが起きるトラブルですが、細かく見ると便器の排水路内にトイレットペーパーや便の残骸が浅い箇所で起きているか、深部で起きているかの2つに分けられます。

浅い部分で起きている場合には、ラバーカップで内容物を引っこ抜けたり洗剤を駆使する事でつまりを解消出来る事がありますが、深部での、つまりが原因の場合は自力では不可能な事もあります。前兆現象として用を足した後の水の減り方に時間差等の極端な特徴が確認出来る事がありますが、奥の場合はトイレ専門の水道工事会社を探して、漏れに発展する前に修理してもらった方が無難です。そして、漏れに繋がるつまり予防の為の大原則ですが、まずトイレットペーパー以外は流さない様にして下さい。

昨今、「トイレに流せる〇〇」という触れ込みの物も多いですが、家の物が古い場合や製品の性質の違いで予定通りに流れない可能性もあります。その辺を流す時は慎重に小分けにする事が重要です。他にも、無機物の類を流さない事もポイントになります。飾り物の類等を事故で落としてしまう様な事も珍しく無いですが、後のトラブルの事を考えるならば必ず回収し流さない様にして下さい。他にも、ペットボトル等でタンク内の水を少量にした事で内容物が流れ切らず残ってしまう事によって、つまりが発生する事やペット用の砂を大量に流す事で、水が堰き止められてしまう事故も多いです。

後は特に注意が必要なのが、生理用品や使用済みの介護用品を流さない事になります。これらの製品には水分吸収用の樹脂が使われていて、内容物を限界まで吸収した様に見えても、水の中に入れた場合には更に巨大に膨張します。排水路を堰き止める程に膨張する上、排除に大きい手間が掛かりますので、流すのは厳禁と考えて下さい。
トイレのつまりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *