水漏れやつまりの原因と修理のポイント

水道のトラブルで多いのが水漏れとつまりのトラブルで、放っておいても自然になおることはほぼなく、大きなトラブルに発展することがあります。

水漏れの原因として多いのが、部品の劣化で、古くなって部品が劣化していることによって水をきちんとコントロールすることができずに漏れてしまうという症状です。この場合は部品を交換しなければ症状がおさまらず、一部を交換しても他の部分も耐用年数をこえている可能性があるので、場合によっては部品だけでなく丸ごと好感した方が安上がりになる場合があります。劣化による水漏れが生じている場合には、業者の点検を受けて原因を確認してもらった上で修理方法を選ぶことがおすすめの方法です。排水口のつまりは、きれいにしていても長期間使っていると生じるトラブルです。汚水を流す排水口や水道管がつまっている場合には、汚水があふれてきたり、逆流して来たりする可能性があります。

床や壁にシミやにおいが残ったり、汚水で床がダメージを受けたりすると大規模な修繕やリフォームが必要になることもあるので、早めの対処が必要です。洗浄剤やブラシ、ラバーカップなどを使うと、水が通る空間ができて一時的に流れが良くなることがあります。応急処置としてはおすすめですが、つまりを解消できたわけではないことが多いので、業者の点検を受けて、必要がある場合には排水口や排水管の洗浄をしてもらうことをおすすめします。水道業者は高圧洗浄機などを使ってつまりの原因を取り除くことができるため、つまりだけでなくにおいや音が気になる場合にもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *