福岡でキッチンの水漏れ修理なら

福岡でもキッチンは日頃から利用頻度が高いため、何かと水トラブルが発生しやすいと言えます。

日常生活に必要不可欠な場所なので、ちょっとした異変であっても、迅速な修理が求められます。例えば、シンク下から水がじわじわと漏れ出したら要注意。排水トラップやパイプなどが腐食して、そこから水漏れしているかもしれません。食材カスや食用油などが排水口から流れ込み、排水トラップやパイプに蓄積し、それが腐食や亀裂を引き起こすのです。この場合、パテで補修する程度の軽い症状なら、素人の方でも対応できます。しかし排水部品を丸ごと交換する場合には、速やかに福岡のメンテナンス会社へ依頼するべきでしょう。キッチンでは蛇口からの水漏れも、決して珍しくありません。

蛇口のハンドルを閉めてもポタポタと水が滴り落ちる、ハンドル台の接合部からチョロチョロと水漏れするといったことは、よくあるケースです。主な原因としては、パーツの経年劣化が考えられます。設置から10年もすれば蛇口のパーツも劣化が進み、何らかのトラブルが起こりやすくなります。例えばハンドル内部のケレップが摩耗すると、ハンドルを閉めても水が漏れ出します。またハンドル台のパッキンの損耗や、ナットの緩みがあると、吐水口とは関係のない部分から水が漏れ出します。ケレップやパッキンの交換、あるいは緩んだナットの締め付け程度なら、素人の方でも修理は比較的容易でしょう。しかしツーハンドルの複雑な構造の蛇口や、壁付きタイプで大きな工事が必要になりそうなら、無理せずに福岡のメンテナンス会社へ修理を依頼する方が無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *