蛇口からの水漏れを修理するなら

キッチンで食事の用意や洗い物をしようと蛇口をひねった時に、レバーやハンドルから水漏れが発生すると言う経験をしている方は結構いらっしゃいます。

多くの場合は新築時などでは発生する事はなく、設置後10年程の経過で老朽化などにより発生の頻度が増えるトラブルです。原因も殆どの場合は蛇口の中にあるパッキンなどの部品が経年劣化や消耗による物で、対象の部品を交換する事で修理が出来ます。漏れている水の量にもよりますが、部品交換に必要な工具が揃っていれば結構自分自身での修理も可能なので、一度挑戦してみる価値はあるのですが、必要な工具としてまずはボルトを回す際に使用するモンキーレンチやトルクレンチが必要です。

交換する部品はパッキンなど小さい物が多いので、精密ドライバーやピンセットがあると作業もスムーズに進みます。もう一つ肝心な工具は水栓レンチと言う物で、これは蛇口を取り外す際に必要な工具ですが、普通のご家庭で常備している事は殆どないです。もしご自宅に無い場合でもホームセンターなどに行けば売っているので、必要な工具と価格を確認してからご自身で修理が出来るのか判断して、交換する部品の種類やサイズも確認する必要があります。

もしご自身での交換が無理だと判断されたり、漏れる水の量が結構多く早急な修理が必要な時は、修理専門の会社に依頼すれば迅速で確実に対処が可能です。最近はネットの口コミやランキングサイトでも評判のいい会社を見つける事が出来ますが、まずはトラブル状況の確認と料金の見積もりを作成してもらい納得出来たら本契約します。焦ってしまい見積もりや内容をよく確かめないまま依頼すると、後になって高額な請求をされるトラブルもあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *