蛇口の根本からの水漏れ修理はプロに任せて安心です

手先の器用な方であれば、蛇口の水漏れ修理は簡単にできるという方も存在しています。

漏れている箇所により、対策法はインターネットからでも簡単に調べることができ、通常は該当部分のゴムパッキンの交換だけで直せる範囲が多いものです。ところが蛇口の根本部分から漏れている場合は、修理するには本体を外さないと直せません。蛇口の種類や設置場所により違いはありますが、バスルームの場合は壁面から接続していることが多く、キッチンでは台座の下側に接続されていることが多々あります。

本体を外すには基本的には専用の工具が必要とされ、ウォーターポンププライヤーは必需品になり、同時に大き目サイズのスパナも必要です。このタイプの工具が無い場合は安全に外すことは難しく、普通のモンキーレンチなどを利用すると傷めてしまう可能性が高くなります。特に古くなった蛇口と給水管の接続箇所は、無理な力を加えると破損する可能性も出てしまい、錆によって折れる現象も決して少なくはありません。

自力では難しいと感じた際には、やはりプロに任せて修理をしてもらうことが正しい方法です。専用工具を持っていることは勿論ですが、微妙な力の加え方も熟知しているので安心です。根元からの水漏れの場合は、白色のシールテープの劣化が原因となっている場合が殆どです。プロに任せると修理作業自体は20分程度で終わらせることができる範囲なので、修理を急いでいる方でもスピード解決をしてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *