蛇口からの水漏れを修理する手順

自分で蛇口からの水漏れを修理する時には、まず最初に水道の元栓を閉めることから始めます。

元栓を閉めずに作業を始めると、途中で飛び散ってしまうことがあります。応急処置としても有効な方法ですので、原因が分からない段階でも元栓は必ず閉めてから探ることが大切です。場所は一戸建てか集合住宅かで違いがあり、一戸建ての場合には家屋の横や裏側にあります。マンション等の集合住宅の場合、ほとんどが玄関のドア付近にありますので確認しましょう。一番多いのはパッキンの劣化であり、修理方法は蛇口の形によって異なります。

レバー式の蛇口から漏れている時には、ドライバーでネジを外してからレバーを取り外し、その下にある部分はモンキーレンチを使いながら全て取り外します。パッキンは上下二箇所に設置されており、同時に二つとも交換するのが一般的です。最後に部品を元に戻していけば終了ですが、ネジを無くしてしまう人が多いので、無くさないように気を付ける必要があります。

ハンドル混合水栓から水漏れをしている場合、漏れてくる方のハンドルを外してパッキンを交換します。ほとんどがシンプルなつくりになっていて、この修理で戸惑うことはあまりありません。交換しても収まらなければ、ケレップまたはスピンドルを交換する必要があります。慣れないと取り外しや元に戻す作業に戸惑うかもしれませんが、分解する時に写真に撮ったりメモを残すことで間違えずに修理することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *