福岡の排水管つまりを解消する方法

キッチンや洗面所の水の流れが悪くなった、お風呂の栓を抜いたときにお湯が逆流してくるなど気になる水の症状がある時には、排水管つまりが起きているのかもしれません。

排水管つまりは、大きなものがいきなりつまることはほとんど無く石鹸カスやカビ、髪の毛や皮脂、食べ物や油などが排水管の壁に少しずつついていき、付着物の上に付着物が重なるようにこびりついて増えていきます。排水管がつまる前には汚れによって水の通り道が狭くなることが多いため水の流れが悪くなったり、逆流したりするようになるのです。排水管が狭くなっている状態の時には、時間をかければ流れていったり、洗浄剤やラバーカップを使う事で一時的に症状が良くなることがあります。

流れていくとほっとしてしばらく忘れてしまうことも多いのですが、たいていの場合狭くなった通り道の一部が流れて少し広くなった程度で、排水管がきれいに洗浄されたわけではないので、再び流れが悪くなったり、急に排水管つまりを起こしてしまったりすることが多いようです。福岡には、水道を専門的に扱う修理業者がたくさんあります。

排水管つまりを放置してしまうと、水浸しになってしまったり、汚水が逆流して大変なことになってしまったりするので、流れが悪い、嫌なにおいや音がする、逆流してすぐにひいていくなどの症状がある場合には、福岡で評判が良い水道修理業者の見積もりを取り修理をすることをおすすめします。排水管のつまりを放置した結果、汚水が床や床下に流れ込んだり、壁の隙間に入り込んで大規模な修繕やリフォームが必要例が福岡でも実際にあったので、早めに修理をしてトラブルを防ぎましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *