福岡でキッチンの排水管つまりに困ったら

キッチンは福岡で暮らす上で、調理や洗い等には欠かせない、重要な役割りを負っています。

そのため利用頻度が高いと同時に、水のトラブルも頻発しやすい箇所と言えます。特にシンク下の排水管つまりについては、キッチンの水トラブルでも代表的なものです。調理または洗いの食材カスや食用油などが排水口へ流れ込み、徐々に排水管にこびり付いて、水の流れを塞ぐからです。またうっかり調味料のフタやスプーン等の食器類を排水口へ落とし、それが排水管の奥で挟まって、つまりを引き起こすこともあります。

この点、キッチンの排水管の場合には、排水トラップと呼ばれるS字形状になっているケースが多く、これが排水管つまりの頻度を高めています。もちろん排水トラップ自体は、下水管からの悪臭や虫あるいはネズミ等を防ぐために、有効な設備です。したがって日頃から排水管つまりが発生しないように、定期的な掃除や点検が必要になります。もしちょっとした異常を見つけたら、素早い対応が求められます。その時は大したことがない症状に見えても、時間の経過とともに状態が悪化し、他の水道設備や建材にまで、ダメージが拡大することがあります。

また福岡で団地のような集合住宅に暮らしていれば、排水管つまりによる水漏れで、階下の住民にまで被害が及ぶことさえあります。そのようなリスクを避けるためには、まず自分で可能な範囲で、メンテナンスしてみましょう。市販のパイプクリーナーを排水口へ流し込むだけで、詰まりが解消することがあります。またDIYに慣れている方なら、排水管ごと取り外して解体し、固形物の除去や汚れのクリーニングも行ってください。それでも排水管つまりが解消しなかったり、原因自体が判明しなければ、福岡で実績豊富なプロの水道修理会社へ連絡しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *