トイレ修理の中には止水栓の水漏れも含まれます

トイレ修理を必要と感じた際には、通常では便器内への水漏れと詰まりのトラブルが殆どです。

便器内に少量の水が流れてしまう現象であれば、緊急性は伴わないものと判断できますが、トイレの修理の中には止水栓からの水漏れ現象も起きてしまうことがあります。お使いのトイレにより、止水栓は構造が異なりますが、普通の蛇口のようなハンドル式のタイプの場合は水漏れは老朽化により発生します。室内の壁側の奥に設置されていることが多く、放置してしまうと床面に水溜まりができるので、腐食の問題が出てしまうことで緊急性のある問題と判断できます。

修理方法は至って簡単ですが、このハンドルを外してしまうと水が一気に流れ込んでしまうので、住宅の本管の止水栓を閉めてからの作業が必要です。パッキン交換で直せる範囲であれば簡単ですが、交換しても水漏れが止まらないという状態では、本体ごと新品に交換するだけなので作業は短時間で済ませられます。

一連の作業が難しいと感じた方や、近くにパーツを販売している小売店が無い場合は修理会社に任せることで直ぐに完了させることは可能です。止水栓の種類の中には、床下からトイレの室内の床面に垂直に立てられているタイプもあります。この構造の場合はトイレの床下からパーツ交換、若しくは全交換作業が必要になることがあるので、素人の場合は自分で直すことは難しい範囲です。垂直の柱の止水栓は意外と高いパーツなので、自主的に購入した際にもしも適合しなかった場合は余計な出費になるので、修理会社に頼んで直すという判断が求められます。
トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *