医療レーザー脱毛について。

医療レーザー脱毛は、病院やクリニックなどの医療機関でしか行うことができない脱毛法です。

脱毛サロンやエステで施術されるフラッシュ脱毛や光脱毛と比べても、医療用の出力の高いレーザーが使用されるので脱毛の効果が高いのが特徴です。医療レーザー脱毛は、脱毛をしたい部位に毛の黒色メラニン色素に反応するレーザーを照射し、その熱で毛根部を破壊するので、二度と毛が生えてくる心配がありません。一度に広い範囲の脱毛が可能なの上、心配の痛みも輪ゴムで弾かれた程度ですので十分に我慢が出来る範囲だと言われています。

しかし、痛みについては個人差があるので心配でしたら医療機関ですので、麻酔クリームや麻酔テープで表面麻酔をすることが可能です。医療レーザー脱毛は、日本国内でも非常に多くの実績がある脱毛法で安全性の高いことで知られていますが、施術後に稀に赤みが出たり軽い火傷が起こる場合があります。

ほとんどは心配の要らないもので数日で症状が治まりますが、症状が改善されない時には施術を受けた病院で医師による治療が受けられ、抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されるのでたいへん安心です。カミソリや毛抜きを使っての頻繁なムダ毛の自己処理により肌荒れや埋没毛、肌の黒ずみが出来た方も、医療レーザー脱毛を行うことで、レーザーの美容効果で次第に肌トラブルが改善され、目立たなくなってきます。レーザー機も肌質や毛質、毛の量などに合わせて、 出力をコントロールしたり使用する機械が選ばれるのでとても安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *